ニンテイカンゴシ

認定看護師


日本看護協会が策定した資格認定制度の資格の一つ。特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を用いて、水準の高い看護が実践できる看護師のことをいう。高度化・専門分化が進む医療現場における看護ケアの広がりと看護の質の向上を目的としている。特定の看護分野とは、救急看護、緩和ケア、がん化学療法看護、がん性疼痛(とうつう)看護、新生児集中ケアなど21分野のこと(2010年2月現在)。
認定看護師の役割は、これら21分野において、
1.個人、家族および集団に対して、熟練した看護技術を用いて水準の高い看護を実践すること、
2.看護実践を通して看護職に対し指導を行うこと、
3.看護職に対しコンサルテーション(専門家による専門家への相談)を行うこと、
とされている。

[このページの先頭に戻る]