ドッツ

DOTS(直接服薬確認療法)


Directry Observed Treatment Short courseの略。結核を治すためには、6〜9月の服薬が必要となるが、症状が治まると服薬を中断してしまう患者がおり、その結果、薬剤に耐性を持った菌が出現するなどし、治療期間が長引くことになる。そこで、このような状態を未然に防止するため、服薬を欠かさず行っているかどうか、患者宅を訪問するなどして服薬状況をチェックするもの。

[このページの先頭に戻る]