セッショク・エンゲ

摂食・嚥下


食べたり(摂食)、飲んだり(嚥下)すること。本用語を使う場合、病気や怪我などで、舌やのどを動かす神経、筋肉などに問題があると、食べたくても舌やのどが思うように動かなくて食べられなかったりすることを「摂食・嚥下障害」といい、保健・医療・福祉分野で口腔機能の状態をいう場合に使われている。

[このページの先頭に戻る]