しんせんやく・ゆやくにかかるちょうざい

浸煎薬・湯薬に係る調剤


浸煎薬とは生薬を浸煎して液剤として製したもの・湯薬とは2種以上の生薬(粗切、中切又は細切したもの)を混合調剤し服用するために煎じる量毎に分包したものでそれらの調剤のことです。

[このページの先頭に戻る]