じゅどうきつえんをぼうしするためのそち

受動喫煙を防止するための措置


「施設内を全面禁煙としている」とは、施設外に喫煙所を設けている場合、スーパー等の喫煙所が店舗内に設置されている場合であっても薬局内が禁煙の場合を含みます。

「喫煙所を設置している」とは、神奈川県受動喫煙防止条例(別ウィンドで表示します。)に則り、薬局内に以下に示す喫煙所を設置する際に必要な措置がなされている場合です。

必要な措置解説
1.仕切りたばこの煙が流出しないように、喫煙区域と喫煙禁止区域を分ける必要があります。
2.排気設備喫煙区域から出たたばこの煙を屋外に排気するための設備が必要です。
(1,2にに加えて)3.空気の流れたばこの煙が開口部分を通って流出しないように、喫煙禁止区域から喫煙区域へ毎秒0.2m 以上の空気の流れが必要です。

「その他の分煙措置を講じている」とは、吸煙装置を設置する等により、非喫煙者に対し、受動喫煙を防止するための措置がされている場合です。

[このページの先頭に戻る]